RICOH THETA Z1

「THETA Z1」インスタ映えの360°世界

今回ご紹介する商品「THETA Z1 」です。

レンタルはこちら

RICOH THETAシリーズの最新モデルで、「THETA V」から著しく進化しています。

さて、早速機能についてご紹介させていただきます。

  • 静止画像が7Kへ
  • 夜景もキレイに
  • 動画の手振れ補正機能

静止画像が7Kへ

「THETA V」では、5,376×3,688ピクセルから6,720×3,360ピクセル(7K)に向上しています。
また更に改善しているところとして、「赤玉」が見当たらなくなりました。
しかも、フレアやパープルフリンジ、暗部ノイズも大幅に低減しています。

飛鳥山の桜 – Spherical Image – RICOH THETA

夜景もキレイに

今まで苦手だった露出が低い夜景においても、ノイズも少ないキレイな画が撮れるようになりました。
これで、360°の星空の世界も表現できます。

飛鳥山の桜 – Spherical Image – RICOH THETA

動画の手振れ補正機能

「THETA Z1」では動画の手振れ補正機能も搭載されているとのことですが、
他社の手振れ補正機能と比較すると、ほとんど手振れ補正が効いていると感じないほどですので、
歩きながらの撮影などには向いていません。

そこは「Gopro Hero7」「OSMO Pocket」がおススメです。

まとめ

さあ、いかがでしたでしょうか?

この「THETA Z1」は暗いところにも強いカメラですので、
ぜひ夜景や星空の撮影にもトライしてください。

また、途中で紹介したGopro Hero7」や「OSMO Pocket」もおすすめです。

レンタルはこちら

レンタルはこちら